住宅用火災警報器(住警器)

住宅用火災警報器-消防設備士が選ぶ住宅用火災警報器

どこに設置するか

就寝する部屋、台所、階段に設置が必要です。(浴室、トイレ、洗面所、納戸などは含まれません。)

[1] 就寝の用に供する居室
[2] [1]の居室がある階(避難階※を除く)から直下階に通ずる階段(屋外の階段を除く)の上端
[3] 3階建て以上で、[1]の部屋が3階以上にある場合、[1]の部屋がある階の2つ下の階に直上階から通ずる階段(屋外の階段を除く)の下端
[4] 3階建て以上で、[1]の部屋が避難階にのみある場合、居室がある最上階から直下階に通じる階段(屋外の階段を除く)の上端
[5] 上記[1]〜[4]に該当しない階で、7平方メートル(4畳半程度)以上の居室が5つ以上ある階の廊下(廊下がない場合は階段(屋外の階段を除く))
[6] 台所(市区町村による)
※ 避難階とは、直接地上へ通ずる出入り口のある階をいいます。
※ 地域によっては全ての部屋に設置が必要な場合もあります。市区町村条例を必ず確認してください。

設置位置

設置場所ごとに、壁か天井のいずれかに設置できます。
天井に取り付ける場合、警報器の中心が壁又ははりから60cm以上離れた位置に取り付けます。
壁面に取り付ける場合、警報器の中心が天井から15cm以上50cm以内の位置に取り付けます。
エアコンの吹き出し口がある場合、1.5m以上離して取り付けます。

住宅用火災報知器の種類

[1]〜[5](就寝用居室・階段・廊下)の場所、煙感知式
[6](台所)の場所、煙感知式又は熱感知式